姿勢

自分で歩いたり走ったりできるお子さんでも、

よくつまづいたり、両手を使うのが少し下手だったりすることがあります。

身体づくりや不器用さ改善のため、四つ這いはよい運動だと思います。

体幹の強化、肩や腕の支持力向上(手の使い方がよくなります)、

腿を上げた歩き方につながる、頭を支える力が付く…など。

無意識、最小限の力で身体をまっすぐに保てる大人と違い、

障害のあるお子さんは、ふらつく身体を支えることに注意が向くため、

学習や着替え、食事と言ったことに集中できないことがあります。

姿勢を改善することで、お子さんの「できる」や「やりたい」が

増えると思います。

関連記事

  1. 知的障害のお子さんにも身体の支援を

  2. 初めての生徒さん

  3. 子どもは楽しく、大人は目的を持って

  4. 3回目です

  5. 笑顔が見られて嬉しかったです

PAGE TOP